奇跡の裏側

自分の経験の限り、いわゆる奇跡は、

奇跡と簡単に言葉にする前に

皆の努力の結晶、または結果と言った方が

相応しいと考える・・・

 

つまり神様に感謝するまえに、

 

生身の人間への感謝を忘れてはいけない。

 

皆の努力をあたりまえだと思い、

無視とまでは言いませんが、気付かず、

 

そうして行われる

勝手な神様への感謝は、自己満足でしかない・・・

 

自分も含め関係性の中で生かされている事実を

改めて思い出して、感謝しなさい・・・ということでしょう。

 

求めれば、それなりに与えられるわけだが、

 

それをあたりまえの事だと思わず、

謙虚にならなければならない。

 

物質的な価値、単純にお金は、

使えば無くなりますが、

 

たとえば、感謝、ありがとうの言葉は、

いつまでも残ります。(忘れない限り)

 

どのように受け止め、咀嚼するかは自由とはいえ、

 

どちらにしても、自分勝手では、

 

それこそ、奇跡は成立しません。

 

奇跡の裏側には自分自身をも含めた人々の努力が在ることをお忘れなく。