21世紀の健康

短期的なものであっても、

ストレスの蓄積により症状、病気へと繋がる。

 

過去のトラウマ(胎内時~現在)も

そのストレスの蓄積のひとつであり、

突発的、或いは慢性的に今現在の病態を深刻化させる要因となる。

 

胎内時期のストレスに留まらず、

細胞レベルでは、DNAの情報としての、

先祖からの負の遺産、影響力を受けることもあり、

 

さらには、話が飛躍しますが、

魂のレベルで、いわゆる前世(過去世)の情報からの影響も在る。

 

今現在の自分とは違うものの、(先祖、過去世)

今現在、自分が存在しているという事は、

とうぜん過去からの歴史的な蓄積も含まれる・・・

 

魂だとか、前世などを信じなくてもよいのですが、

 

どちらにしても、今現在の存在自体が

過去から積み上げられてきた存在の証明であることは確かなのです。

 

どちらにしても、肯定はなくとも否定もありえないのです。

 

話を戻しますが、

人間にはこれだけの莫大な情報があり、

その中の負の連結が、不具合が、異常の引き金となり、

現在の症状、病態に影響しているということです。

 

過去があり、現在が在る。

 

その過程で生じた、歪みを取り除く事が、当院の治療であり、

 

むしろ、そこまでしなければ、改善は難しい現代なのです。

 

想像通りならば、これから生まれてくる世代は、未来人は、

 

さらに濃い情報の蓄積を受け継ぐという意味で、

 

これまで以上に健康に限っていえば、

困難な未来を進むことになるのではないかと推測します。

(情報量が多い分、負の遺産も同じく増える)

 

医学の進歩とは裏腹に病気により

亡くなる方が増えている理由の一つではないかと考えます。

 

たとえ文明が進歩し続けても、過去(今までの歴史)

を捨て去ることなど出来ないわけです。

 

逃れられないという意味で宿命であり、

 

それでも前進しなければならないという意味で運命であります。

 

当院のような治療法が、今後、増々必要になることでしょう。

 

これらは科学や医学などの人智を超えた領域での、

 

未来に進む為の本当に不可欠な”健康”についてのお話なんだと思います。

 

今現在の次元を超えて次の世代に負荷を与えない・・・

(よりクリアな健康の情報を伝えるという意味で)

 

そのような健康について、それこそ飛躍して考える事も、

 

21世紀・・・必要だと思います。