価値ある技術・知識を活かす

治す事を目的に治療をしますと、

リスクが多いばかりで、しかも儲かりません・・・

矛盾しているようですが、ほとんどの場合、治療はビジネスです。


治すことはそこそこに、

ビジネスモデルを作り上げることに尽力するのが、

今日の医療機関の実態なのでしょう・・・


患者、治療などではなく、客単価として

経営陣は見ているのです。治らないわけです・・・

というか上手い具合に治らないように引っぱるのがビジネスの手法です。


同じ手法でも、患者さんを治す為の手法もちゃんとあります。


価値ある技術や知識は、別の次元でほんとちゃんと生きています。


しかし、そのような価値ある技術、知識も

必要とされなければ、役に立ちません。


必要とは思えないような物の影に隠れ、

ひっそりと消えていくのが、本物の技術の運命だとしたら、


人々は、ほんと自らの首をわざわざ絞める

愚か者・・・なんだと、個人的には思っております。


価値ある技術・知識を虚しいものとしないように


将来的には、必要に人(縁ある人)に必要なものと成るように


個人的な活動を重視して行きたいと考えています。


今も独りですので、個人的な活動には違いはないのですがw


わずらわしい形ではなく、よりフリーな形で活動したいと思っています。


本物の技術が必要な人だけに届くように。