顎関節とアレルギー

患者さん一人、一人の原因は違うという前提で、

 

先日、新潟の友人がアレルギー症状(痒み、過敏)、口内炎

に悩まされているということで治療を致しました。

 

有害物質など、その他アレルゲン(アレルギー反応を引き起こすもの)

の反応は特別になかったのですが、

 

顎関節、歯、顔面の神経、腺等に反応が強く出ていましたので、

それらを中心に治療を行いました。

 

結果的に次の日には、痒みは落ち着いているとのこと。

 

顎関節について詳しく問診しますと、

最近、外食が多く部分入れ歯の出し入れを頻繁に行っていたようです。

その入れ歯自体からの心理的含む物理的な影響もあったのかもしれません。

(アレルゲンとしても)結果的に顎関節及び顔面のアンバランスへと

繋がったと推測します・・・

 

さらにそのアンバランスから、痒みや過敏などの

いわゆるアレルギー症状を引き起こしたという具合でしょう。

 

またその他の原因があれば、その原因を治療することになります。

 

治療は行ってみて、その後のカラダの変化を診てみなければ、

進めてみなければ、分からないことばかりです。

 

治療に限らず、あらゆる事象は、ある程度の観察が必要でしょう。

 

治療をしましたイコール治りました、治りませんでした・・・

というような単純な答えではないのです。

 

そのように判断されてドクターショッピングをされている方は

治るのが難しいと思います(考え方、価値観の違いとして)

 

治療側においても同じく単なるテクニックホルダー

のようになってしまうことでしょう・・・

 

どちらにしても、ある程度の時間は必要だと考えます。

 

個々に原因やその背景が違うのですから、

治療は行ってみなければ分からないというのが普通となります。

 

たとえば極端に癌は消失しても、肩こりはなかなか治らないとか、

手術の必要なヘルニアが治っても普通の腰痛は治らないとか・・・

 

不思議なことでも、珍しいことでもありません。

 

治療とは、そんなもんですw

 

よって、顎関節の調整によりアレルギーが

治ることも別に不思議ではありません。

 

ただ、お金を貰っている以上は、

出来る限りのことに尽力致します・・・ということだけです。

 

コツコツと努力致します。