見失わない姿勢

季節の変わり目に

対応出来ず体調を崩されている方も

いらっしゃるかもしれませんね。


自然の微妙な変化に

カラダが何らかの反応を示すことは、

むしろ正常なのですが、(自己調整力とでも言いましょうか)


現代社会では、これさえも排除したい勢いのようです。


アレルギーと言ってしまえば、

人々は心理的な拒否反応を示し、

カラダの正常な生理作用だとしても無視して

排除に同意することでしょう・・・


言葉は難しいですね。


そのまえに、

あらゆる面において自然から遠ざかり、

本来の活動性、活動力が退化するかのような

意識的にも肉体的にも脆弱へと向う現代人自体が問題であり、


時代の背景、流れがあるにしても、

簡単に拒否反応、アレルギーとしてしまう・・・


本質的な誤解のようなものが蔓延しているように感じます。


マーケットやビジネスの絡みもあるとは思いますが、


本質を見失わない姿勢は忘れないように


カラダの反応を観察することが治療では大切と考える。