虚血性の発作、心臓問題

その眩暈は、何が原因か?

たとえば、虚血性の発作からの一症状、

メニエル病、三半規管の問題、てんかん症状などの

脳波の問題などと、様々なわけですが、


最近、改めて多いと感じているのが心臓の問題です。


心臓の神経系の問題(洞房結節)、

血流の問題(冠状動脈)、弁、心筋、心室中隔などの欠損、

心臓への神経の異常、(迷走神経、横隔神経、交感神経(自律神経)など)

神経叢の問題、(星状、浅心臓、太陽、下腹)・・・等、


具体的には、血管の硬化、(コレステロール、有害物質)、血栓、

神経の断裂、或いはエネルギー循環ブロック、活力低下など・・・


とにかく、心臓の問題が多いです。


そして、心臓だけではなく、心臓の活力低下が、

その他の呼吸器、循環器、臓器、筋骨格、関節等にも影響しているようです。


心臓の活力低下にはさらに、エネルギー不足、精神的、ストレスなどの問題、

様々なストレスの影響がみられます。


治療の限り、エネルギー循環、ブロック、精神、感情、心理の問題、

ストレス、ネガティヴな問題等の解消が必要になってくると思われます。


不整脈、呼吸の異常、そして虚血性の発作、眩暈など、

ただ単に薬を飲めば大丈夫・・・ということは、

自分の治療側の経験の限り、ありえません。


ちゃんと、治療しなければ、それこそ一生薬生活なことでしょう。


寿命という運命は在るとはいえ、

だからと、やれる事(治療)があるのに

何もしないで時間にただ委ねる事が、

運命・・・だとは個人的にはまったくそうだとは思いません。


当院と縁ある方々は、ちゃんと治療すべきと考えます。


当院の治療でダメなら手術という気持ち(気概)で行っております。