健康意識への変換

抗生物質などの病院で処方される薬とは違い、

東洋医学の漢方薬ならば、

カラダに良いという前提になりがちですが、


しかし、カラダにはそんな区別もなく、

必要がなければ、いわゆる拒否反応を示します。


良いか悪いかの判断は、カラダが決めるのであり、

外部からの勝手な押し付けや決め付けは、

当て嵌まらないというのが、カラダのルールなのでしょう。


もちろん薬は必要です。

ただし、量や種類の組み合わせ、飲むタイミングなどを

調べずに適当に飲むとしたら、逆にカラダのバランスを

崩すことにもなります・・・


いわゆる中毒により逆に症状を悪化させたり、

或いは症状を固定、つまり慢性化させる原因にもなるのです。


一番は、本来あるカラダ内部の薬を使う事。


はじめからカラダには必要なものが揃っているのですから、

その必要なものが必要なときにちゃんと使われるように


治療でカラダの機能を正常に整えましょう。


確かに症状の辛さに耐えられずに、

外部からの薬に頼ることもあるでしょうが、


基本的には、内部、自分自身のカラダの力を

自然治癒力を信じられるようにならなければなりません。


いつでも頼りになる自分自身のカラダという意識は、

カラダの自律性、自力などを高めると思います。


よって、一番必要なリハビリは、

様々な依存から抜け出すことだと考えます。


薬が無いことを不安に思うのではなく、

むしろ、健康に近づいているとポジティブに

喜びに変換出来るような頭のリハビリも必要だと思われます。


ある意味、健康意識への変換が

治療では一番難しい所なのかもしれませんね。