治療意識への気付き

もちろん商売的には、(現実的には)

難しい症状の方々を

見て見ぬフリするのが一番でしょう・・・

 

そもそも柔道整復師としての

仕事以上の事をする義務もあるわけではないので、

 

しかし、無視することは簡単・・・

それ以上に、自分の今までの経験の限り、

 

たとえばオーソドックス?な、どこででも行っている

電気をかけてマッサージしてみたいな・・・

そのようなやり方では、まず治らないのです。

 

それは自分がアトピーに苦しみ、

さらに自分の母親がリウマチに苦しんだ時に

はじめてと言ってもいいのですが、ようやく気付きました。

(本当の意味での免疫力や自然治癒力、そして治療について)

 

それまでオステオパシーの勉強はしていたのですが、

本格的に、いわば”治療”を意識することはなかったと思います。

(医療従事者にも関わらず、恥ずかしながら・・・)

 

少しずつ勉強を進めることで、

自分、家族はもちろん友人や、

そして患者さんの健康をちゃんと意識出来てきた・・・ということです。

 

自分に出来ることがあれば・・・

という感じで今現在まで学んできました。

 

でも、思っている以上に

難しい心身問題を抱えた方々がいらっしゃって、

しかも、行く場所(適切な医療機関)もなく迷走しているようなのです。

 

まだまだ勉強は足りません。

 

けっきょくは、自分と縁ある方々としか治療は共有できませんが、

少なくとも自分の身の周りの健康問題に対して、

自分に出来ることがあれば、必要とされるのであれば、

 

様々なことに協力したいと考えております。

 

コツコツと努力致します。