常識は常識でしかない。

今までの既存の治療法、

またはオーソドックス、或いはノーマルな治療法では、

変化がみられない・・・

 

だからこその

ある意味で、アブノーマルとまでは言いませんが、

特異性ある特殊な治療法が必要になってくるわけです。

 

実際、必要であり、必要とされている・・・

そうでなければ対応出来ない場面が確実にあるのです。

 

心身問題は、思っている以上に複雑であり、

その複雑な問題に対応しなければ、

変化は難しいというのが、

 

今まで学んできた結論です。

 

当院の治療法はとても変わっています。

見た目には、何もしていないように

思われるかもしれませんが、

 

ちゃんと心身の複雑な問題を探し出し、調整しています。

 

その調整法については明かすことは無いですが、

(まぁ、説明しても理解出来ないと思いますw)

 

今までの結果が、効果を証明しております。

 

既存の治療法では変わらない・・・

というより変えられないのだと思われ、

(扱っている領域が違うと言いましょうか・・・)

 

つまり、簡単に言えば、

普通じゃない患者さんの状態に対して、

(既存の治療法では変わらないという意味での)

普通の事をやっていても、なかなか効果に繋がらないという事です。

 

考え方は簡単に単純に、

しかし、やっていることは複雑でいて深い治療内容です。

 

ときに 一般的、常識の範疇ではどうにもならないことがある。

 

それだけ病院の普通の治療では

良くならない方々が多いということです。


そのような方々には、やはり、一般的常識以上の

”普通ではない治療”が必要になると考えます。