治療法の適性

治療は全て手探りとはいえ、(個人個人に原因が違う為)

しかし、ある程度というか、ある水準以上フィットしなければ、

あたりまえですが成り立たない・・・

 

そう、治療はやってみなければ分からい事の方が多いが、

だからと博打のようになってはならない。

(ほんと当然ですが、商売的要素もあるゆえ)

 

確かに実験的に進める場面はありますが、

基本、ある程度の勝算と言いましょうか、

突破口がある前提でなければ、

散々な目に合うわけです・・・患者さんはもちろん術者も。

 

もちろん、人間ですから何もかもが

可能ということはありえません。

 

無理なものは無理ということは申し上げます。

 

ただ、本当に可能性がある場合、

やはり、治療には時間が必要だと説明致します。

 

患者さんにご承知して頂ければ治療は継続致しますが、

納得出来ない方を無理矢理引き止めるようなことはございません。

 

他院にて治療を受けて下さい。

 

どちらにしても、治療は縁がある方々としか共有が出来ませんので・・・

 

一番、注意していることは、

治療のフィット感と、どツボと言いましょうか、

罠と言いましょうか、何かに陥る事とを勘違いしないように

 

冷静に客観的に、そして慎重に治療を進めています。

 

よってあまり一つの治療法には拘らずに

(柔軟性が在るという意味でも)行っております。

 

毎回、違う内容を行っている事に

気付く患者さんもいらっしゃるとは思いますが・・・

 

そういう意味でも、治療法は一つに、

一流派に拘らずに、(客観的に見る為にも)複数必要だと考えます。

 

その方が、フィットする確率は増すと考えます。

 

ただし、それぞれの治療法が

それなりの水準でなければなりませんが・・・

 

コツコツと努力致します。