難しい患者さんが多い。

最近、患者さんには申し訳ないですが、

実験的に治療を進める事が多い・・・


何故かと言うと、

あまり症例がなかったり、

今まで分からなかった領域での可能性が発見されたりと、

理由は様々なのですが、


ある程度のまとまりが出来てくれば、

たぶん、廻り廻って、患者さんの

お役に立てる事に繋がるとは思います。


ようは、それだけ世間には難しい心身状態の方が居られるが、

通常の医療機関では、特別やれる事が無い・・・


そのような難しい症状に適応した医療機関が無いとされる層の

方々が思っている以上に多くいらしゃるということなのでしょう。


その全ての方々に対する可能性を示せるとは言いませんが、

少しでも、お役に立てるように研究している次第です。


世の中には、すばらしい治療法は沢山あるのですが、

なかなかフィットしないと言いますか、既存の治療法は、

内容があるようでなかったり、またあっても患者さんにとっては

理解がとても難しい治療法であったりと、


そんなこんなで、けっきょく患者さんは一番、簡単な薬へと

移行して、病気とは別問題として、

薬の依存性という悪循環にも嵌まってしまうようなのです・・・

(病気と薬のダブル悪循環です)


薬は簡単で楽で、現代人にはピッタリで便利なものなのですが、

自分自身の将来の健康を含めて判断するのならば、


小難しく少し時間が必要な治療法かもしれませんが、

当院のような治療法も選択肢に入れて頂きたいと考えます。


より簡単に楽に、そして少しでも早く効果が現れるように


研究中でございます。


コツコツと努力致します。