総合力ある治療

個人的な経験からの考えとして、

アレルギー治療だけでは、改善はあっても

治りはしないと考える。

 

必要なことは同時に肉体の治療をしっかり行うこと・・・

アレルギーを取り除いても、ウィークポイントが脆弱なままでは、

再び、違う条件(シュチュエーション)でアレルギーを受け入れ

反応してしまうと考える。

 

単純に弱いから影響するという部分はあり、

その部分の具体的な回復は必要なんだと思われる。


思っている以上に影響したストレスが強力な事があるにしてもです。

 

どちらにしても、肉体的な治療は必要と考えます。

 

ゆえに肉体的な治療として、アレルギー治療に加えて

オステオパシーなどの治療を組み合わせて

使用することが有効と思われる。

 

ただし、それなりのオステオパシーの内容が必要だと思います。

 

オステオパシーもピンキリです。あたまえですが

レベルの高い治療程、カラダの深い部分にまで作用します。

 

その他、エネルギー治療やヒーリングも有効だと思いますが、

やはり、それなりの治療でなければならないと考えます。

 

それ以前に解剖学、生理学、病理学など、

カラダについて具体的に知る必要があります。

 

基礎的な知識が全て技術に反映しています。

 

テクニックだけでは、治せない・・・ほんとピンキリであり、

 

さらに術者の能力が、結果を左右します。

能力の使い方も学ぶ必要があると思います。

 

このように治療は総合的に行われています。

ならば、総合的に学ぶ事が必然的に必要になってきます。

 

そのようなセミナーを主催している団体はあまりないと思います。

が、勉強されたい方は、とてもレベルが高いですがw

目黒区グリーンハウスが主催するゼミ、セミナーに参加してみたらよいと思います。

 

言いたい事は、ある程度の総合力がなければ、(術者の)

治療は上手く行かないということです・・・

 

治療は総合力により、まったく次元の違うものになります。

(※ただのテクニックホルダーのようなものとは違います)

 

総合力を養うことが肝腎と考えます。

コツコツと努力致します。