治療の工夫

治療法に捉われないことが、

治療の前進だと考える。


よって個々の技法に特別な執着心はあまりない。

(拘る部分はあるかもしれませんが)


その時々で、良い方法があり、適切ならば、

そのまま採用するだけ・・・という感じでしょうか。


どちらにしても客観的に観察する、

そして、ヒントがあれば研究して、

その他の患者さんにも試してみる(もちろんカラダが受け入れる場合のみ)


その繰り返しの中で、

それぞれの治療法の特性や限界も

一定水準において判断出来てくる。(水準以上のポテンシャルは別として)


その治療法が良いとか、悪いとかではなく、

それぞれの性格、性質、特性などがあるので、

良し悪しではなく、その時々の臨床の際に

使えるか使えないかが重要な判断であると考える。


その判断には、まず、それぞれの治療法を

ちゃんと理解しなければならない。


良い悪いと、2択で判断出来るような簡単な事ではない。


そのような判断で治療をされている方も居るのかもしれませんが・・・


どんなに勉強しても、未知の領域はある。

ただ、必要以上に探求しないだけで・・・


何故なら、そこから先は、術者の能力次第で、

どのような形にも広げる事が可能だからです。


能力の無い者は、踏み込む事は出来ない・・・

ほんと、単純な答えです。


そんなこと言う自分も、まだまだ未熟でございます。


このように想定することで、

自分自身の不足をカバー出来るように

工夫している次第であります。


能力が未熟な場合、治療の工夫が必要ということですね。