健康の基本

神経系と循環器系の重要性は、

東西に関係なく誰もが認めるところです。

 

どんな病気であれ、

この2つを治療しないわけにはいかない。

 

あとは、エネルギー循環として、

経絡、チャクラ、そして各内臓の調整も大切です。

 

これらが、ちゃんと繋がり、

本来の肉体としての活力が戻ってくれば、

自分自身の自然治癒力が病気をどうにかしてくれます。

 

難しい症状は、その他にさらに深い部分の治療が必要ですが、

基本的には、この通りなのではないでしょうか・・・

 

文章では完結にまとめる事が出来ますが、

実際の治療では、そう簡単にはいかないこともあります。

むしろ、いかない方が多いのかもしれません。

 

その度に試行錯誤して、

何とか治療の突破口を探す・・・

それが、治療家の日課とも言えます。

 

治療の事、つまり仕事のことばかり考える

仕事人間は、一般的な幸せとは縁遠いとよく言いますがw

 

自分にとっては、生き甲斐として、

それなりに日々の活力となり、

モチベーションを保つ一部分となっております。

 

何より、患者さんのカラダが良くなる風景は、

 

特に、治療家としての良き刺激(神経)活力(血流)と成り、

 

全身を駆け巡るのだと思います。

 

ほんと、健康の基本は、

神経と血流ということが実感できます。