カラダの優先性

カラダが悪いと、とにかく熟睡が出来ず、

良質な睡眠からのカラダの回復があまりありません。

 

たとえば、睡眠薬、一見眠れているように感じますが、

実際は、ちゃんと眠れていません。

意識が無いだけで、カラダの回復力はやはり出ていません。

 

薬の前にカラダの治療が優先されると考えます。

 

あるいは治療と薬との併用でもこの際仕方がないですが、

それでも、少しでも本当の意味での睡眠がカラダの回復には不可欠です。

 

さらにこの際、寝室に電磁波やジオパシックストレスの影響で、

寝室の空間ストレスレベルが高ければ、良質な睡眠どころか、

むしろカラダはストレスにより消耗することでしょう・・・

 

カラダの治療と同時に、環境や状況の整理は必要であり、

少しでもストレスを軽減することが、病気の際にはあたりまえですが、

必要です。安静とは、カラダをただ動かさないことではなく、

これら、必要以上のストレスをカラダから遠ざける事だと考えます。

 

しかし、一番必要な事は、治療でカラダを良くする事です。

 

自身の経験より、アトピーで苦しいときは、

小手先のちょこざいな治療など効きません。


※ステロイドは一時的な安息は与えるが、

後に違う病気を引き起こす原因となります。ご注意下さい。

 

より具体的にカラダを整えていくことが必要だと思いました。

 

もちろん、出来る限りのストレスを除去、そして回避をします。

(これは本能的な部分が働き、自然とそのようになるとも言えます)

 

今現在、自分自身のカラダの軸はあくまで肉体です。

ちゃんと肉体の問題を解決する、整えることが求められます。

 

精神的な問題も、

カラダが悪いから引き起こされているとも言えます。

(その逆ももちろんありえますが)

 

肉体的な問題を解決していき、身体エネルギーがちゃんと循環し、

活力が沸き上れば、ある程度の精神問題も解決すると思われる。


特に内臓バランスは重要と考えます。

内臓と感情、トラウマ等は密接に関係しています。もちろん脳も。

 

それ以上の精神問題は、個別の治療が必要だとは思いますが・・・

 

基本的には、カラダの活力を取り戻すことが

優先されるべき事だと考えます。

 

そして、それはカラダの反応に従って行われなければ、

効果に繋がらない・・・と、そのように考えます。


健康の条件は、本来の正常なカラダが在って成り立っています。