昨日より今日

一見、たいした事なさそうな、頸部、腰部の問題、

そう思い治療してなかなか取れないときがある・・・


後に詳しく調べると後縦靭帯の硬化症だったり、

腰部だと腎臓や膵臓の問題だったりと・・・

けっこう難しい問題が潜んでいることがある。


または、カラダの反応として、

治療時にはまったく反応していなかったが、

時間を置いたことで反応する事もあるので、


その時点においては術者が分からないこともある。

(もちろん、見逃していることもあります)


どちらにしても治療は進めてみないと分からない事ばかりだ。


術者の憶測や経験だけでは分からない事が、絶対にあり、

患者さんには申し訳ないが、その部分は術者の研究の糧となり、

他の患者さんの役に立つ・・・ありがとうございます。


そうやって、治療は日々進化していく。


昨日より今日の治療法の方が確実に優れています。


午前中より、午後の治療の方が優れていることもある・・・


常に治療のベストバランスを探りながら、

治療をしています。


可能性を広げる為に


コツコツと努力致します。