治療者側の姿勢

最近、オステオパシーをあまり使っていない・・・

一応、オステオパシー治療という看板なのですがw


しかし、それ以上の治療法があれば、

治療家ならば、躊躇?することなく使う事でしょう。


治療における患者側の信じる信じないは自由だとしても、

治療者側の信じる信じないがあることは、

カラダを診ると言いながら、カラダの事実を否定することになる。


治療は、学校で覚えた本の知識で行うのではない。


患者さんひとり、ひとりの原因を探り、

見つけた原因を取り除くことが、仕事である。


思いがけないカラダの反応に「なるほど」と思うか、

それとも「ホントかな?信じられない」と否定してしまうかで、


治療家としての資質が試される。


常に試されていることを忘れてはならない。


患者さん以上に受け入れないで、

それで専門家と名乗れるのだろうか?

ビジネスマンかサラリーマンか、それとも治療家か?


人生における選択の自由は、十分に出来る時代である。

何もこの仕事だけに拘らなくてもいいとも思う。


職業イコール治療家でなくとも、

それなりの志があれば、治療自体は出来るわけで、


問われる事は、治療に対する拘りであり(ただし柔軟な)

職業としての肩書きではないことは確かです。


治療も肩書きではなく、内容です。


治療に関していえば、どこまで信じる事が出来るか・・・


術者側の心の姿勢により、結果が変わるということだと思われる。