変わらない理由

変わらないのではなく、

変われないのである・・・


カラダが変わらない理由の一つに、

有害物質やコレステロールなどの問題がある。


組織が、これらによって硬化、癒着、

それこそ変形していたとしたら、

やはり、除去しなければ変わらないのである・・・


テクニックの問題であると同時に

テクニックの問題以前の問題でもある。


除去出来る方法を知らなければならない。

除去出来るだけの能力が無ければならない。


そういう意味で、テクニックの問題でもあり、

テクニック以前の問題でもあるのだ・・・


治すという事は、思っている以上にシンプルで、

思っている以上に高度で、そして深い・・・


簡単なようで難しいようで実は簡単でもある。


肝腎なことは、学べるチャンスに学び、

追求出来るチャンスに追求することであり、


どちらにしても、逃してはならないこと。


組織が変わるかどうかは、

術者が変われるかどうかにかかっている。


そのような時代の中に居る・・・と考える。


単純に学ばない人は、変えられない

それが現実であり、治るより確かな答えだと思われる。


コツコツと努力致します。