アレルギー悪化因子

腸はアトピー性皮膚炎と関係があるそうで、

さらに肝臓にもアトピー性皮膚炎を悪化させる

因子があるそうです・・・

 

アトピーに限らずアレルギー体質の方々は、

腸に炎症や浮腫み(慢性的な)があり、

腸管粘膜のバリア機能が低下するらしいです。

便秘や下痢を繰り返す方、またそのような自覚がなくとも、

炎症や浮腫みがあるそうです。

 

その粘膜の機能が低下すると、脂質はじめ他の栄養素も

必要以上に吸収してしまうとのこと。

 

特に脂質は、脂肪肝として肝臓機能に影響するようです。

 

肝機能には、代謝や解毒があり、

カラダの新陳代謝にも関係しています。

 

これらの関係性のアンバランスが、

アトピー性皮膚炎の悪化因子となるようです。

 

脂肪肝でなくとも、B型肝炎等のウイルス、

今までの薬の服用、とくに抗生物質などの負荷は、

肝機能を低下させ、アトピー以外にも様々な病気に関係すると思います。

 

腸管粘膜の正常化、肝臓のウイルス、有害物質の除去なども

アトピー治療には必要なことでしょう。

 

ワールドセラピーシステムアレルギー治療、

内臓マニュピレーション(感情解放含む)などは、

効果的な手段だと考えます。(BDFT内臓治療が望ましいです)


もちろん、良質な食事をはじめとする生活習慣性が求められます。

 

ちなみに医学的に(血液検査で証明されたらしい)

電磁波はアレルギー悪化因子だそうです。

 

電磁波障害への治療と対策も付け加えることをお薦め致します。


とくにスマホは、身体への影響が強いです。