根本治癒

ここ数日書いている

アトピー治療について、


皮膚の症状に対する対処療法だとしても、

本人にとっては、取り除いてほしい症状ではある。

(多くの人々は、ここでステロイドを使う。)


とはいえ、根本治療となると、

やはり免疫システムの正常化が求められる。


本来在る、免疫システムが正常に機能する・・・


あたりまえのことなのですが、

体質的な疾患を持つ人にとっては、

とても大きな壁とも言える。


免疫システム及び免疫ネットワークの正常化が、

根本的治療といえ、その他は対処療法でしかない。

少なくとも、ステロイドは根本的な治療とは違う。


何故なら、免疫システム、ネットワークの正常化を

目指さなければ、たとえばアトピーは治まっても、

他の症状、病態が、後に現れる可能性があるからです。


そして、ステロイドやその他の薬には

何らかの副作用が付き纏うということです・・・


イタチごっこを繰り返すことが治療なのか?

根本治癒を目指すことが治療なのか?


どこかで冷静に考えることが必要とされる。


これは、アトピーや体質性の疾患だけに限らず、

全ての症状、病態にも当て嵌まることであり、


重要なポイントは、

現代医療では今だに根本治癒が体現出来ていないということです。

西洋、東洋医学に関係なく、確立されてはいないと思われる。

(個々では、体現されていても、全体としては無いという意味で)


薬は効果がなければ、ただの毒である・・・


現代医療の大きな問題点だと考えます。