必要なアプローチを行う

根底にある

身体的、精神的トラウマ、

そしてエネルギー体(チャクラ、経絡、フィールドなど)

へのアプローチとは別に、


肉体的なアプローチはもちろん必要です。


しかし、肉体的アプローチ=物理的な刺激

とは限らないわけで、たとえばマッサージで、

心臓や胃などの内臓や血管、神経など、治療が出来るのでしょうか?

(自分の経験の限り、出来ないと考える。

※出来る先生もいらっしゃるかもしれませんが)


たとえ筋肉のコリであっても、コレステロールの蓄積や

今まで服用した薬の蓄積による問題(抗生物質等)、

その他有害物質(水銀、鉛、ヒ素など)の蓄積、

あるいはカンジタ菌の影響などもあり、

物理的な刺激(アプローチ)で処理しきることは難しいと考えます。


整体や鍼灸、何らかのリハビリ、

そしてオステオパシーでも難しいと思われます。


ただただ肉体を治療すれば解決ということではなく、


必要なことを行うことが治療には必要・・・


あたりまえなのですが、勉強されている先生ほど、

この難しさが分かることと思います。


ワールドセラピーシステムによるアレルギー治療では、

これらの難しい問題を、”身体問題の一つ”として、

簡単とは言いませんが、坦々と治療していきます。


そうしていかなければ、身体バランスを整える事が

出来ないという考えが前提にある為、普通に治療していくだけなのです。


量子的な治療では、物理的、エネルギーなど、

特に区別もなく、問題がある所を治療する・・・という具合です。


その中にネガティヴな存在に対しての治療も含まれますが、

それこそ、特別な事でも無く、あくまでも身体問題の一つでしかありません。


変に誇張したり、騒いだりしません。

ただ坦々と治療することが、術者の仕事となります。