影響された様々な療法

治療では、

どの治療が良い悪いということより、

全ての問題をひとつ、ひとつクリアにしていくことが、

求められ、その為の技術が必要ということです。


よって、幅広くも、深くも、学ぶ必要がある。


今まで、様々な治療法の影響を受けました。


一番は、オステオパシー、エネルギー治療です。


田尻先生より学んだバイオダイナミクスオステオパシー、

フルフォードテクニック、頭蓋オステオパシー、

内臓マニュピレーション、フィールドアジャストテクニックなど、


そして、ワールドセラピーシステム。


その他、影響を受けた治療法、人物は、

クラシカルオステオパシー(古典的で面白く、そして興味深い内容です)

B・Jパーマー(カイロは深く学んだことはありませんが考え方は参考)

CSTのジョン・E・アプレジャーD.O


長野式(鍼灸)松本先生スタイル?鍼灸の効果の凄さを知った治療法です。

井穴刺絡(鍼灸)アトピーが酷い時に実践していました。

(井穴は、鍼灸治療ですが自分自身に行う限り、資格不要)


ポラリティセラピー

ケイシー療法など。


他にもいろいろとありますが、記憶に残らなくてもw

今現在の自分の治療に生かされていると思います。

(心に残らないような療法は、この世に腐る程あるw)


まだまだ、未熟者でございます。

これからも幅広く、そして心に残る療法に

巡り会い学ぶことが出来たら、幸いです。