学びへの直観

身体は非常にデリケートであり、(あたりまえですが)

治療したからと、良い結果に繋がるわけでもない。


結果に繋げる為には、

身体と同じくらいデリケートな治療技術、意識が、

必要なんだと思います。


10割バッターが居ないように、

治療結果も非情であり、

少ないチャンスを汲み取れた者だけが、

成果という確率を上げていける・・・


治療院の経営には、治療技術以外のものが必要だが、

治療自体には、治療技術が確実に必要となる。


自分の試練を偽ったり、誤魔化す事は出来ない。


常に治療家として試されることは、

偶発的な成功を必然的な成功にしていかなければならない事。


その為、術者は定期的に学ばなければならない。

それも自分よりもレベルの高い講師から・・・


自分自身で学ぶ事が出来る境地ならば別ですが、


自惚れることなく素直に学ぶ事が大切だと考えています。


セミナービジネスが盛んな今日でも、

そうそうチャンスはありそうでないのです・・・

(ほとんどが自分にとって興味の対象にならないものばかりです)


ひねくれ者だから?w


直感は、その為に使われる。

自分にとって価値のあるセミナーを見つける為に。


少ないチャンスを生かす為に、

来月はセミナーに行き、コツコツと学んできます。