治療は縁

患者さんから、

患者さんの周囲の方々が

具合が悪いのです。と、聴かされるのですが、


けっきょくは縁が無ければ治療は出来ませんので、

お気の毒と思うだけで終わってしまいます・・・


別に全ての病気の方々を救おうとか、

そのような高貴な志を持っているわけではないので、


自分と縁のある方々には全力を尽くせれば良いと思っております。


もう、すでにですが、

これからさらに病気があたりまえの時代が続きます。

(それも終焉が見えない程に永く)


そんな時代の中で誰かのお役に立てるのなら、幸いと言うか、

自分の技術に誇りを持てるということです。


治療家は、技術屋でもありますから、

自分の技術に多くのニーズがあれば、それが生き甲斐となります。


少しでも縁のある方々が増え、

そして、その方々の役に立てるよう

コツコツと努力致します。