再調整

身体本来の治癒力の発揮の為、

治療を行うのですが、


カラダは、現在の症状に対する再調整だけではなく、

たとえば、昔の古傷、自覚が無いだけで問題がある部位、

あるいは、精神的なトラウマなどにも影響し、再調整することがあり、


治療後、自覚症状とは関係がないような所に痛みが出たり、

昔の出来事を思い出して、一時的にネガティヴになったりと、


いわば、カラダの思うがままに再調整されます。


それらは正常に機能する為の作用・過程であり、

症状の悪化や治療による副作用等ではない事をご理解下さい。


治療の刺激や情報によって触発された、治癒力は、

ただ、自然の法則に従い作用するということであり、


この作用を妨げることのないように

治療後は、なるべく安静にし、

(この際の安静とは心身を変に刺激しないという意味)


デトックスの促進を促すよう水を多めに摂って頂きたいと思います。


しかし、これらの反応はノーマルな反応と言え、

むしろ、これらの反応の無い治療は、どうなのか?と疑問に思う。


まったく心身に変化なく、ただ治るということがあるのだろうか?

もしかしたら、自分が知らないだけであるのかもしれません。


そのような境地に至っていないので、分かりませんが。


どちらにしても、

カラダが変化する。それも治るように変化する良い変化ならば、

ちゃんと、その変化を受け入れて、その作用を促進して頂きたい思います。


なにより、自分自身のカラダですからね。