パーカッションハンマー/バイブレーター

最近、パーカッションハンマー/バイブレーターを使っている。

ロバート・フルフォード博士のテクニックのひとつとして、

よく登場するカラダに振動を加える器具です。

 

6、7年前くらいに購入してから、

臨床では、あまり使うことがなかったのですが、

 

手技で解除が困難なカラダの拘束がある場合に使います。

 

・・・困難というより、ギックリ腰を経験してから、

あまり腰に負担にならないように気をつける為の結果というわけですw

(病気はカラダからのメッセージと言われます・・・ギックリ腰は、

わたくしに”慎重な行動”を教えてくれましたw)

 

しかし、使ってみると、とても優れた器具なのです。

(フルフォードテクニックを知らなければ、ただのマッサージ機ですがw)

 

エネルギーの流れが分からなければ、

無駄に刺激を加えるだけのものになることでしょう。

 

また振動に対して拒否反応がある場合、逆効果になることでしょう。

 

その為、パーカッションを使う前には、

必ず、ワールドセラピーシステムで、

様々な拒否反応を取り除いてから治療を行います。

 

その後、肉体、エネルギー的なバランスをチェックし、

さらにワールドセラピーシステムでチェックします。

 

どんなに優れている治療でも、

カラダに拒否反応があれば、元も子もありません。

 

ワールドセラピーシステムは、検査システムとしても、

様々な場面で有効に活用出来ると思います。