手当ての作用

治療には、手技療法を加えるべきと考える。

いわゆる手当ての作用は、無視出来ないと思う。


この手当てに関しては、

科学的に作用が明らかになっている部分もあり、

治療にとっても欠かせない重要な事が多い。


もちろん、手技は治療手段のひとつでしかなく、

変に拘る理由が、あるわけではありませんが、


治療手段として、欠かせない物のひとつという事です。


そう、触らなくとも、作用させることは可能なわけで、

つまりは、術者の意識の中に在れば良い・・・とも思う。


直接触れることの意味は、とても大切な部分とは思うも、

同時に必要がなければ、行わないという考えも大切になってくる。


患者側から見たら、

ただ、触っているだけでしょ?

と、一蹴されてしまいそうですがw


その、ただ触っているだけで、

何かカラダに良いであろう恩恵が受けられるのなら、

意味が分からなくても、それでいいと思いますw


どちらにしても、カラダが良くなれば良いと考えます。


が、治療家としては、

いろいろと分析することも必要になります。

より良い治療に繋げる為にも。


直接に治療する場面は、必ず必要と思われる。