難病治療

多くの難病を治したと言われているオステオパス、

ロバート・フルフォード博士は、


ほとんどの医師が見逃している重大な障害がある。

それは、私に言わせれば、健康と病気を二分する鍵とも

なりえるものだ。その障害とはトラウマのことである・・・

多くの人にとって、最初のトラウマは出産時に関連している。


と言っている。


カラダには、胎内時期から現在まで、

多くのトラウマが蓄積されるが、


一番のキーは、はじめのトラウマだと考える。


はじめのトラウマを見つけだし、取り除くことが、

難病治療の治癒率を高めるのではないか?と思う。


その他99パーセントの様々なストレス、

トラウマ等を取り除くことも、もちろん大切な事です。

しかし、1パーセントの、キーとなる部分は、

その他99パーセントの効果にも影響する・・・と考える。


カラダは健康になる方法を知っている。


処方箋があるとしたら、外部からではなく、

内部から・・・ということでしょう。


おととい、きのうと、グリーンハウスで

BDFTセミナーフェーズ4を

受講してきました。


脳治療、量子治療、その他、多くのヒントがあり、

その中に難病治療のヒントも、もちろんありました。


とても良い時間を過ごせました。


情報量が、あまりにも沢山なので、

整理するのに時間が必要ですが、


今までの治療との違い・・・


その違いを構築する作業は、

自分にとっては、とても楽しい時間である。

(趣味とも言える?w)


少しでも治療の成果に繋がるように

コツコツと努力したいと思います。