WTS急性期治療

一応、柔道整復師ですから、

外傷の治療に関しては、今まで様々な治療法を試してきました。

しかし、ここまでスッキリと痛み、可動制限がとれる治療は、

自分の知る限り記憶にありません。


今までに良い治療はもちろんありましたが、

患者さんには、あたりまえですが術者にとっても

負担にならない治療法という意味で、


WTS急性期治療は、とても有効だと思います。


ここ数日間で、首寝違いの方3名、

肩関節周囲炎の方1名、


その場の限り(その後、お仕事等で新たな負担を加えたのは別)

痛み、可動制限が無くなりました。


テーピングも包帯も使っていません。


WTSの後、BDFT、フルフォードテクニック、

クリスタルヒーリングが必要な方には行いましたが、


ほぼ全て、WTS急性期治療で取り除けました。


慢性の運動器系の障害に対しては、

どのくらい有効かは、試していませんが、


肩関節周囲炎の方、首寝違いの1名の方は、

一か月くらい前からの痛みと言っていたので、

数週間、数か月単位の慢性症状に対しても有効の可能性があります。


患者さんはもちろん、術者にも負担にならない

急性期治療という所がポイントだと思います。


勉強された先生程、

急性期治療の大変さが分かるのでは?と思います。