常識の誤解と理解

治らないことが常識となっている

現代医療の考え方をそのまま受け入れたら、

その通り、治らない・・・

 

その常識は、一般的に浸透し過ぎ、

ほとんどの患者は、「治らない」を前提に治療を受けている。

 

・・・それでは、本当に治りませんよ?

当の本人が、つまり、「治りたくない」であれば、

どのような治療を施しても、治るのは難しいことでしょう。

 

世の中の常識が対処療法ばかりを普及させ、

そして、治癒にまで至らないというループが構築されている。

 

あたりまえですが治癒を目的として、

治療を行わなければ、とうぜんですが治癒には至らない・・・

 

対処療法は対処療法でしかない。

 

どのレベルまで、治すつもりか、治るつもりか、

やはり、その目的が曖昧な場合、効果も曖昧である。

 

何故なら「治りたい」という強い想いが、

治癒の発動には大きく作用しており、

 

その前提がなければ、

そもそも治療自体が曖昧となり成立しない。

 

世間の常識が全てという誤解を解き、

それ以上の現象によっても、

この世は、ちゃんと動いている事実を理解すること、

 

そして「治らない」が常識ではないことを

理解することが必要であると考える。


少なくとも術者側は「治したい」であり、

「治したくない」「治りたくない」という

負のループを形成しないように努めることが必要と思う。