冷静な情熱

良いも悪いも想念は、

ひとつの波動として、影響する。


それは、治療効果にも影響していると考える。

術者も一人の人間、共鳴しやすい周波数の方々と、

そうではない方々とが、存在してしまうと考える。


治療法においては大きなことではないにしても、

人間の想念が、カラダに影響する限り、


効果に反映してしまうと思われる。

極力、そうはならないように意識はしていますが、

100%の人間が居ないという意味で、仕方のない部分と考える。


つまり、まだまだ未熟ということ。


治療のコントロールは、客観的に、傍観的に

行うことが好ましい・・・


しかし、強い想いは、

癒しの力になることも確か・・・


治したいという強い想いは根底に、


冷静な情熱として、

治療に反映させることが

理想と思われる。