簡単なようで複雑

症状や病態には、

それに至るまでの原因があり、

その原因を取り巻くさらに要因があり、

治療では、これら原因はじめ要因を総合的に

別次元のものへと変換していく、

つまり、治癒へと繋げることだと考える。


そう、治療はただの寄せ集めではない、

一見、関係性が見えないものでさえ、総合的に総括され、

まったくの別次元の作用に変換されるものであり、

また、そうでなければ、言ってしまえば治療というには難しい・・・


あたりまえですが、治療は複雑なものです。


ましてや、その道のプロフェショナルを目指すのなら、

難しいことへの挑戦はあたりまえの事なのですが、


世間では、簡単で分かりやすいものが良いとされているようだ。

簡単で分かりやすい治療法だから、すばらしいとか、

誰にでも出来そうで良いとか、好きとか嫌いとか、

・・・幼稚園児じゃあるまいしw


しかし、どうやらそんなものらしいw


おバカさんと、批判はしたくもないが、

せめて、もう少し大人の会話であってほしいと思う。


世間からの治療全体のレベル(評価)を下げない為にも。


必ずしも、治療はシンプルには進まない。

そんなに人間は、簡単ではないということだ。


皆さんの人生はそんなに簡単なものだったのでしょうか?


人それぞれの人生が違うように

治療もそれだけ複雑であってもおかしくないと思う。