医療とは?

医学や科学の役割は、特例は、あくまで特例とし、

冷めた目で事柄をただ傍観することだけなのだろうか?


と、思ってしまっても仕方がない程に

病院の手続きは事務的なのだ・・・


手術や検査、薬の処方など

現代人には欠かせない医療であると同時に

一方で、それ以外には無関心という強い空気も感じる。


患者の不安を強引に捻じ伏せる為の検査ではなく、

安心させる為の検査であってほしい・・・


問題はないと言われた

患者さんには、やはり問題があり、


そのほとんどが、医学や科学が無関心な部分なのだ。


そして、それが今現在の医療の常識である。


しかし、その常識から外れた治療法で、

良くなっている方々が実際に居るわけで・・・


ほんと、医療とは何か?と、考えさせられます。