賢さと情熱

誰にでも出来る治療は、

なんだか、まるで何でも効くと謳う栄養ドリンクのようで

けっきょくは、ただの糖分補給?という程度に思えて、

個人的には、興味をそそられない。


それなりのお金と時間と努力と、

ガムシャラに勉強してきた今までを

否定されているようにも感じてしまうし・・・


そのまえに、

治療は、一回、一回、違うものであり、

再現性に重きを置く、科学とは真逆と言ってもよく、

それでいて、治療の際の偶然からの成果は、

今までの経験の蓄積と直感による・・・


治療に限らず、すべての技術は

そのようなものと考える。


簡単に覚えられて、

簡単に提供出来て、

簡単に効果を出せてなんてことは、


何を目的とするかによりますが、

治すを目的とするのならば基本的にはないと思う。


が、しかし、賢く治療することとは、また別であり、

根性や努力も、もちろん必要でしょうが、

賢く治療をする為の賢い学びには、敵わないと考える。


どんなにすばらしい技術も、

有効に使えなければ、宝の持ち腐れ?だと思う。


そして、賢い治療をする為の賢い学びには、

賢い指導者の存在が不可欠です。


でも、それ以上に必要なものは、情熱です。


賢く、そして情熱ある指導者との出会いは、

大きな価値、財産になると思います。