初心と前進

人は、手に届く範囲の物にしか

手を伸ばさない・・・

 

あるいは、手に届かないと判断したら、

はじめから手を伸ばさないとか・・・

 

でも、案外そうでもないようなのだ。

 

手に届く範囲の物に少しずつでも、伸ばし続けると、

気が付けば、手に届かないと思っていた所まで届いている・・・

 

そんなこともあるようだ。

 

つまりは、距離に関係なく、

そのポケットから手を出すか、出さないかという違いであり、

その気になりさえすれば、届く範囲はいくらでも広がるようだ・・・

 

どちらにしても、

はじめの気持ちが肝心ということでしょう。

 

初心忘れるべからず?とは、

はじめの気持ちに決められた距離なんかは無かったはずなのに、

いつの間にか手に届く範囲を自分で決め付けてしまったとき、

 

あるいは、手に届く範囲にしか、

手を伸ばしてない事に気付いたときに、

 

思い返せ!という意味なのかもしれませんね。

 

一方で、現実には、様々な切実な問題がある・・・

可能性ばかりを見続けることが難しいことの方が多い。

 

だからと、出した手を

またポケットに引っ込められるのか・・・

ということでしょうね。

 

やり直しはあるが、

はじめに戻ることはない。

 

それが、人間の経験値であり、

前進しているということでしょう。

 

少しでも自分の手の届く範囲が広がるよう

今月もコツコツと努力したと思います。