感覚の中間

たとえば、ヒーリング・・・

ただ、道具など形だけ真似れば出来ることではない。

 

やはり、感覚が分かる指導者から教えて貰わなければ、

たぶん、一生治療には使えないことでしょう。

 

何故なら、日常生活では得ることの出来ない感覚であり、(当然ですが)

そう、普段では使うことのない感覚は、学ぶことでしか分からないのです。

(天才なら別なのかもしれませんがw)

 

さらに、解剖学などの基礎的な知識、

治療をする感覚も必要なことでしょう。

 

ただ、ヒーリングを行えばいいのでしょうか?

治療には、目的があり、効果を確認する評価が必要です。

 

何の為に必要なのか?

そして、効果はその目的の為に発揮されているのか?

 

検査、評価がなければ、治療としては難しいですよね。

 

オステオパスのロバート・フルフォード先生は、

カラダの事が分かっているオステオパスこそがヒーリングを使うべきと、

という風な事を言っていたそうです。

 

その通りだと思います。

 

カラダのことを知らないのに、

効果を評価出来ないのに、

行うことには、少なくとも治療として成立させるのは難しい。

 

世の中が、どんな水準を治療と呼んでいるか分かりませんが、

 

どちらにしても、ちゃんとした指導者から学ぶことは必須ですね。

 

ハッキリしたことは、当たり前ですが、分かる指導者じゃないと、

学んでも分からないのです。この感覚は。

つまりは、イニシエーションってことでしょうね。

 

感覚とは、分かるか、分からないか、であり、

重要なことは、その中間は無いということです・・・

 

学べるチャンスに、ちゃんと学びましょう!

 

と、自らの今年のセミナー参加意欲を刺激するw