エネルギー循環

私達は潜在的に備わっている

肉体的、精神的、感情的な流動性を失うと、

つまり病気になると、

ロバート・フルフォード博士は言っている。


具体的にはエネルギー循環が何らかの原因でブロックされると、

痛み、不快、病気、苦悩などの結果になる。


肉体的な流動性ばかりに注目が集まっているのが現代医療の常識。


しかし、一方で、肉体的には問題が見当たらないが、

不調という方々は沢山居るのだ。


「肉体を整えたのに治らないのは何故?」と、

むしろ、術者の方が苦悩を抱える具合かもしれませんね。


それでも、肝腎である精神、感情の問題は隅に置いといて、

目に見える分かりやすい、たとえば骨格の歪みだとか、筋肉の硬さだとか・・・

肉体の問題ばかりに興味は集まるようなのです。


そして、「治らない、治せない」と苦悩を繰り返す・・・


気持ちが大切とは言え、

努力と根性だけでは越えられない部分はあるのです。

ちゃんと、学べばいいだけの話なのに不思議です。


奇跡的にどうにかなるという思考なのでしょうか?


確かにこの世には奇跡と呼ばれるものが数多くありました。


しかし、ある程度ちゃんと学べは奇跡は常識となり、

そして、さらなる大きな奇跡に繋がるかもしれません。


ちゃんと、学ぼう!と言いたい。


自分もまだまだ勉強中なので偉そうに言えませんが、

最近の方々は、フルフォード先生の名前すら知らないようです。


大丈夫なのだろうか?この業界?

少し、心配ですw


いろいろと学ぶチャンスに恵まれたことに感謝しております。