大掃除

クリスマスが終われば、

年の瀬の雰囲気もいっそう高まりますね。


きょう、脚の不自由な60代後半の患者さんが、

「去年は出来なかった大掃除が、今年は出来ています!」と、

喜んでいましたが、


普段、慣れない大掃除で、腰が痛いとか・・・

うれしい悲鳴と言えばいいのでしょうか?w

もちろん、腰痛の治療もしました。


この患者さんに限って言えば、

脚の不自由は、去年より良い状態という意味では、

少なくとも年齢のせいではなく、適切な治療さえ施せば、

戻る機能は戻るという証明になったことと思います。


この患者さんは、当院の治療を受ける前は、

世間で一般的な、マッサージ&電気治療をずっと受けていたのです・・・

他院のことを悪く言うつもりではなく、


自分自身、以前は同じようにマッサージ&電気治療を繰り返していました。


しかし、きょう患者さんが喜ぶ姿を見て、

今現在、やっている治療が自分にとっては、

間違えではない答えであり、(正しいかは別という意味で)

もっとお役に立てるように技術を追求しなければなぁ

と、素直に思いました。


それぞれの答えがあるとは思いますが、


どちらにしても、

治療は結果が出ることが大切です。


今まで出来なかったことが出来るようになる。

今まで気になっていたことが気にならなくなる。

悩んだり、苦しんでいたことが解決に向かうなど、


可能性や希望を患者さんが持てること。


それに尽きると考えています・・・


これからも、少しでも結果に繋がるように努力致します。