休日診療

きのうは、結果的に出張治療になってしまった・・・

友人宅に招かれ、行ったらそういことになりましたw

でも、治療をすること自体は嫌いではないので良かったとも思っています。


ひとりの方は、以前、当院で治療をしたことがあったので、

その後の様子は気になっていたので、とても丁度良い機会でした。


10月に診た時、生理不順はじめ全体的にあまり良くない状態でしたが、

きのう診た限りでは、深刻な状況を脱しており、生理不順も今のところ

みられないとのこと。残りの問題を治療してさらに体調が改善されればと思います。


この方の場合、生理不順の一番の原因はジオパシックストレスでしたが、

偶然にも引っ越しをされて、幸いにも改善されたようです。


もう、ひとりの方は、いわゆる四十肩、五十肩と言われる症状でしたが、

マッサージや鍼治療を受けていたみたいですが、

半年経っても改善していないとのこと・・・


しかし、それは仕方がないというものです。


原因は、肩関節というよりは、肝臓や腎臓、尿管、膀胱などでした。

この方は尿管結石の病歴があり、さらに現在も尿酸値が高い状態でした。

もう、お分かりのように痛風の類の原因により、

関節に尿酸結晶のようなものが蓄積し制限されていたようです。


だからと、整形外科等で薬や注射等の治療でも付け焼刃なことでしょう。

普段の食生活での尿酸値のコントロールが必要です。


治療としては、肝臓や腎臓、尿管、膀胱が機能回復し、

少しでも尿酸の処理がスムーズになるように施しました。


痛風はもちろん、悪化すると入院にまで至る侮れない病気ですし、

なにより一番、考えたいことは最悪の想像である腎不全についてです。


透析が必要な暮らしはとても辛い未来です。

この治療をキッカケに将来の健康まで考えてほしいと思います。


とりあえず、その場での肩関節の痛みはなくなりましたが、

将来を考えるならば、継続的な治療が必要だと思います。


何故なら、肝臓、腎臓、尿管、膀胱の原因は、

現代医療だけで何とかなる原因だけではなく、

精神、感情、エネルギー問題からのストレスの蓄積も

含まれていたからです。


現代医療との併用治療がベターな方法だと思います。


治療とは別に、友人達と良い時間を過ごせたので、

とても良い休日となりました。

ありがとうございました。


皆様、お大事に!