自然治癒力

きょうは移転して1年。

1年を振り返り・・・


様々な治療成果より改めて感じることは、

一言、自然治癒力の凄さ・・・である。


本来、カラダに在る力であり、

西洋、東洋医学、外科的手術、薬と、様々な手段の根底には、

自然治癒力という確かな根拠があってはじめて成立するのである。


科学がどんなに進歩しても、傲慢な態度をとったとしても

凌駕出来ない部分であり、本質である。


ようやく、その凄さを分かるようになった1年でした。

(フルフォード先生の言ってる事が、よく分かりました。感謝。)


オステオパシー、ヒーリング、エネルギー治療という手段を使い、

自然治癒力の発動を出来る限り高める・・・


治るべき本来の作用が、正常に働くように治療をする。

言葉にするのは簡単だが、実際はとても難しい。


正常を、ちゃんと正常に作用させる難しさ、

ただ、テクニックを施せば、いくら自然に委ねるとはいえ、

勝手にそうなるわけではない。そうなるように治療しなければならない。

(分かる人には分かると思われる)


テクニックをマスターすることは、

もちろん大切なことではあるが、


マスターすることと、治療が出来ることとは大きな違いがある。


実践に活かされなければ、まったくの無意味とは、

よく言われることだが、実践の経験値だけでも気付き得ないこともある。


たぶん、そこがセンス、才能、能力の壁ということだろう・・・


自分は不器用で、今のところ特別な才能も開花してはいないがw

しかしながら、考えることは諦めず、現在も続けている。


亀のように、ノロノロと、

何人ものウサギに追い越されてはおりますが、

その分、ゆっくりと考える時間を与えられたということで慰める。


この1年間の成果は、考えた末の一つの答えである。


今週末は、今年最後のセミナー・・・

もう、一回、頭が沈黙するくらい考え込んでこようと思いますw


掘り下げること、考えることが、

今のところの生き甲斐です・・・趣味がないゆえw


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    (水曜日, 03 12月 2014 22:28)

    昨日、治療をしていただいた者です。

    近くに、研究熱心で、素晴らしい治療をしてくださる先生に来ていただき、
    本当に助かっています。

    もっと、沢山の方に知って頂き、
    不調を抱える、沢山の方を治療してあげて欲しいです。

    身体の不調がなくなれば、
    人生が変わるものですね。

    先生、ありがとうございます。

  • #2

    tomomi-arima (木曜日, 04 12月 2014 09:27)

    コメントありがとうございます。
    少しでもお役に立てるよう努力いたします。