気付き

白い布ほど、黒く染まりやすい・・・


よけいなストレスを除去し続けると、

真っ白とは言いませんが、

かなりカラダはより自然な状態へと近づいていく・・・


今まで鈍感だった感覚も正常に近づくにつれ、

今までカラダの不調として、

気になっていたことが、気にならなくなり、

そして、逆に今まで気付かなかったことに気が付くようになる。


それは、五感からの気付きかもしれないし、

感情、精神面での気付きかもしれなし、

運動能力からの気付きかもしれない。


少なくともカラダに関して、

今までとは違う価値観で考えることが出来ると思う。


カラダは使い捨てというわけにはいかない。


年齢に関係なく能力を取り戻す、

または高めるチャンスがあるのなら

そのチャンスを無駄にはせずに可能性がある限り高め、

少しでも豊かな感覚の中で過ごしてほしいと考えます。


たとえば、治療前よりも痛みを強く感じる・・・

それは、ハッキリと悪い所が認識出来ているということです。

つまり、鈍感だった感覚がクリアに、鮮明さを取り戻したと言えます。


痛い所をちゃんと痛いと認識出来ない程に、

現代人はストレスにまみれて鈍感になっているのですよ?


正気があるならば、ちゃんとした感覚に

スッキリとしたカラダに戻りたいと考えることでしょう。


白い布が黒く染まっていく・・・

と思うくらい鮮明に様々なストレスの存在に

気付いてほしいと思います。

(本来、分かることが普通なのです。分からないくらい鈍感になっているのです。)


その為には、定期的な治療の継続が必要です。