健康管理

健康は一時的なもの、部分的なものでは、

あまり意味がない・・・

持続的であり、全体的だから意味がある。


今シーズン、大きな不調もなく1年過ごせそうだ・・・

自身、アトピー体質を持ち、もちろん疲労などコンデションが

良くない時は、アトピーが今だに出てきます。


しかし、今までのように大きく崩れることなく、

コンデションの回復とともに、消えるという

あたりまえの状態で、今過ごせている。


その、あたりまえの状態を持続、

あるいは更なる改善こそが、

これからの課題である。


そして、コンデションの上下はあたりまえであるが、

その前に、コンデションの中だけで、

アトピーも上下しているということです。


つまり、病院にも通院しているわけでも、

もちろん、ステロイドなどの薬は一切、使っておりません。

アトピーに限らず、風邪の時も、その他の症状の時も、

薬は一切使用していない状態での、コンデションです。


加えて、仕事柄とも言えますが、

ここ少なくとも15年は、歯科含め、

病院のお世話になっておりません。

・・・逆に健康管理がおろそかでは?と、思われてしまいそうですがw


幸運にも、歯科にも病院にも今のところ

お世話にならずに済んでおります。(今後は必要かもしれませんw)


そもそも健康は自分の中にあり、外にあるわけではない。


その、より確実な前提があるという以前に個人的な感情として、

病院や歯科に、自分のカラダを委ねる気になれないということがある。


特に歯科では、治療すればするほどに・・・

最終的な結論は、無駄に歯が無くなってしまうだろうと考えている。

それだけ技術ある先生が、残念ながら実際に居ないということである。


病院に至っては、原因が分からないとか、様子をみて下さいとか、

そして、薬を出しておきます・・・くらいのお決まりのセリフである。


行く意味が、よく分からない。


よって、安心して委ねることが出来ない以上、

世間の常識を鵜呑みにし、踊らされるくらいなら、

出来る限り自分で治療して、コンデションを整えるという持論である。

(もちろん、大きな怪我、病気では病院は必要でしょう)


歯科ならば、目黒区の丸山先生くらいでしょう。信頼できるのは。

お医者様は、今のところ知りません。


健康管理の中に、ちゃんとした先生に診てもらうこと。が含まれなければ、


意味が無いと、書き加えるべきです。