学び

技術を学ぶうえでの、順番はもちろんある・・・が、

どこまでで、いわば一人前とするのか?とは、

また違った意味となる。


よって、たとえば10年間学ばなければ、

次の技術を学ぶことは出来ないとか、

そのような時間の問題でもないと思う。


経験を得る為の時間は、確かに必要だが、

それとは別次元で、たとえ今までの経験や予備知識が十分だとしても、

はじめて学ぶ技術の前では、赤子のように誰もがはじめてなのだ。


そう、どんなベテランでも言ってしまえば、

新しい技術の前ではヨチヨチ歩きの赤ちゃんである。


その後の習得のスピードは、もちろん速いとは思うが、

経験の差、違いがあるとすれば、その後の部分でしょう。


いつまで経っても、素人意識の方々が居る。

必要な事は、学び始めの今現在は素人だとしても、

時間と共に確実に前進しているという、その後の意識だと思う。


その意識が自信となり、

いつしかベテランとそう変わりない

位置にまで自分を運んでくれる・・・


このように学びにおける早い遅いは、あまり問題ではなく、


肝心なことは、いつでも学べる自分で居ることである。

いつでも素人になって素直に学ぶこと。

(どうせ経験次第で、ベテランになるのだから。)


何故なら、今までの知識、技術は、

新しい学びの前では赤子なのだから。


勇気を持って、いつでも素直に無防備になること・・・


だと、思う。