ベスト

新たな感覚を覚えると、

それまで以前の感覚はどこへやら・・・

しかしながら、これは繰り返しではない

けっして同じではないという意味で。


いわば自身のベストを更新しているという感覚。

それが正しいのか、正しくないのか?が問題ではなく、

新たに覚えた感覚をいかにしてベストまで練り上げるか・・・


そういう意味では、躊躇なく今までの感覚を壊していく、

そのような勇気が新たなベストを作ると考える。


確かに、新たな感覚にはしばらく戸惑う、

しかし、自分の中で咀嚼していく作業を

回避していたのでは、少しも近づけないのである。


上手く行かない時は、ほんと苦しい、

しかし、だからと誤魔化しの治療では、

もともこもなく、根こそぎ

可能性が広がるチャンスを刈り取ってしまうばかりか、

自身の成長の種も腐れせてしまう。


シナリオは、そう上手くは進まない、


その苦しみの先のベストが、

見えるまで、ひたすら繰り返す。

この繰り返しにはそれなりの意味がある。


戸惑い、苦しみ、そしてベストにしていく・・・


常に治療は進化していく、

同時に可能性は、留まることなく、

さらなる広がりを見せている。


治療に関して言えば、

同じ治療は行っていない。


受ける度にベストとなっている。


そのように努力しております。



コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Eichmann (木曜日, 06 11月 2014 14:26)

    Thank You, I Think so.