ジオパシックストレス

現代社会における

ストレスの最重要課題とも言えるものは、

ジオパシックストレス、電磁波障害

放射性物質などを含む、空気汚染による影響、

食品の影響等が挙げられますが、

 

特にジオパシックストレスは重要課題と考える。

 

電磁波障害も現代生活空間において重要ですが、

対策が、チラホラと研究され出てきていますが、

 

ジオパシックストレスをフリーにすることは、

電磁波以上にやっかいという意味で、より重要であると言える。

 

ジオパシックストレスは、地中の断層、水脈など、

いわば地球からの、自然からの影響、ストレスにより、

人体の生理作用を乱すようです。

 

最近頻発する地震の影響で、

現在住んでいる土地のジオパシックストレスも

以前より上昇しているのではないかと思われます。

 

このようなジオパシックストレスを基礎に

さらに電磁波など生活環境からのストレスが重なることで、

本来、正常に活動するカラダの生理作用は乱され、異常となり、

様々な症状、あるいは病気を引き起こすキッカケとなると考えます。

 

よって、たとえば、

良い治療を繰り返し受けても、症状が再発、ヒドイ場合は、

自宅に、あるいは仕事場に行くと症状が戻ってしまう。

 

夜、寝つけない、疲労が取れない、段々、ほんと徐々に症状が、

たとえば、通院しているのに良くなるどころか悪化していくなどと、

 

ジオパシックストレスの蓄積(レベル)に合わせての症状となるようです。

 

対処法は、

ジオパシックストレスをちゃんと診断でき治療できる

治療家の施術、アドバイスを受けること。

 

熟練したダウジングの方(ダウザー)に

自宅周囲の地層の環境状態を診てもらう。

 

ジオパシックストレスを中和する器具を購入する。

レヨネックス社のデュープレックス&ゼロアースがおすすめ。

 

ポイントは、ジオパシックストレスを理解している方の

アドバイスをきちんと受けること。

 

つまり、ジオパシックストレスが原因だと分からずに

治療していても、無駄とは言いませんが効果が上がらないばかりか、

患者さんはけっきょく、治療院巡りの悪循環に陥るということです。

 

ジオパシックストレスや電磁波などの影響は、

現代医学(日本)では、あまり研究されていないようですが、

人体に影響していることは確かです。

(海外では重要な健康被害として重視し取り扱われている)

 

今現在出来る適切な対処法で、自身の健康を守ってほしいと思います。

(将来的にもっと良い対処法が出来るかもしれません。)

 

なぜ、自分は他人と同じ治療を受けているのに

治らない、効果が上がらないのか・・・

 

その根底にはジオパシックストレスの影響があるのかもしれません。

 

参考までに。