技術

方向転換を示すどころか、

更なるサービスの拡大、他分野への参入・・・

世間はもっぱら経済と繋げることばかりに関心。

 

景気が良くなることは、良いことだが、

しかし、原型が無くなる程のやり過ぎは、

目的と手段をあきらかに逆転させている。

 

もはや、この業界は、

何の仕事がメインだったのか忘れる程である。

 

健康さえ、名が付けば、

何でもいいという風潮、

 

大量人による大量人向けの医療・・・

 

医療も、どこか外国の工場で、

安く大量生産という未来なのでしょうか。

 

技術や知識を学ぶより、

経営やサービスを学ぶことに努力が集中するようだ。

 

ならば別にこの仕事でなくともいいと思う。

 

せっかくの技術も、まともに伝わらず、残らずでは、

 

ほんとにもったいないと思う。

 

だけど、このように治療家が時代遅れ?とされ、

育たない、そのようになりたくはない時代なのなら、

一代限りの技術でも、それも致し方ないというもの。

 

秘伝を伝えたくないという風潮・・・

そのキモチ、無理もないと、

今の世の中を見て思う。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    アイヒマン (水曜日, 01 10月 2014 00:52)

    うんうん、至高を求めていく者と世間の価値観はかけ離れていくものですW
    それでも研鑽を積みその至高にたどり着いたとき・・・・価値観のズレなんてドーでもよくなってたりして、はははは。金儲けをとるか、技術をとるか・・・少なくとも我々は後者のようで。

  • #2

    tomomi-arima (水曜日, 01 10月 2014 10:25)

    いざ必要な時に必要なものを提供できる側で居たいと思います。
    ニーズは限定されるとは思いますが、必要なとき必要とされ、
    必要なものをちゃんと提供できることは、治療家冥利と思います。
    お互いがんばりましょう。