頭痛

きのう、かなり強い頭痛、首から肩関節の痛み

で苦しむ患者さんがいらっしゃった。

 

首から肩関節、上腕、上背部の痛みは、

寝違えた時のように鋭い痛みも含んでいた。

 

結果からいえば、治療の終わりごろには、

頭痛は無くなり、寝違えたような痛みも無くなり、

筋肉のこわばりが少し残ったような感じで帰ってもらった。

 

その筋のこわばりも時間の経過とともに自然に取れると思う。

 

具体的に説明すると、頭蓋骨(特にSBS)の歪みが強くなっており、

その影響が、周囲の緊張を作ったと思われる。

 

では、そのSBSの歪みを作った原因はなんだったのでしょうか?

 

頭蓋内の膜の緊張が強かったこともあるが、

どうやら蝶形骨自体に様々な問題が蓄積していたようだ・・・

 

たとえば、精神問題であったり、エネルギー循環であったり、

アレルギーであったりと、いろいろとありました。

 

このような場合、単にメカニカルの治療だけでも

ある程度の改善は見せるとは思いますが、

 

ロングタイドや、ヒーリング、エネルギー治療も使った為、

検証もなく、結果しか分かりませんが、

 

メカニカルな治療だけでも、頭痛はとれたのだろうか?

と、改めて考えてしまいます。

 

自分の感覚では、メカニカルなアプローチだけでは、難しいと考える。

 

どちらにしても結果オーライ?w

頭痛がとれて良かったです。

 

頭痛くらい・・・と、思われるかもしれませんが、

 

その頭痛の原因は、分かる人には分かる

とてもやっかいな原因でした・・・

 

やっぱり、メカニカルだけでは無理だわw

 

という結論です。