内側

どんなにスゴイ治療をしても、

 

自身の精神問題(マイナス、ネガティヴ)を解決しなければ、

外からやって来るマイナス因子、ネガティヴ、アレルゲンなど、

影響力、干渉力に再び影響されるのだ。

 

たとえば、どんなにセキュリティを強化しても、

室内のリフォームを怠れば、内部から再び荒れる

ということ。

 

外を強化しても、内に穴では、意味がない。

 

その内側からの隙間から侵入することは簡単なようだ・・・

 

表面的に健康を装っても、

カラダの芯から元気でなければ、

その健康は、あっけなく脆くも崩れ去る。

 

崩れる時は、ほんと簡単に崩れる。

 

いわば、その瀬戸際のギリギリの

 

自力、元気が、あるか、ないか・・・

 

治癒に向かう人、なかな治癒が発動しない人との違いと思う。

 

一見、地味のように思える精神、エネルギーへの治療、

(実際、目に見えないわけですから、地味以下w)

しかし、この部分の治療が自力を回復する為にとても重要となる。

 

術者、患者ともに、

とても根気が必要な時間帯になることは確か・・・

しかし、根本的に治療するとは、

こういうことのように思う。

 

どちらにしても、

健康はコツコツと積み上げていくものと考える。

 

ひとつ言えることは、

電気をかけて、マッサージをするという作業の中には、

自分が知る限り、このような考えは反映されていないということ。