予感

まぁ、医師でさえ、

整形外科のリハビリルームにおいて、

医療という名の媚びたサービスで良しと

しているのだから、整骨院でも無理もないが・・・

 

それにしても、

あいかわらず理学療法と言われている

アノ流れ作業には、希望を感じることができない。

 

そろそろ、厚労省は、設備もそうだが、

医療従事者のスキルについても言及するべきと思う。

 

製薬会社や医療器械の会社に媚びするのも

構わないが、(よくないけどw)

 

少しは患者の健康のことも考えた方がいい。

 

免許は、とうぜん最低条件だが、能力にも条件が必要と思う。

(今や免許に価値があるのかどうかは疑問ですが)

・・・まぁ、役人が考える条件なんてろくなものではないがw

 

とある患者さんは、整形外科で「一生通いなさい」と言われたそうだw

つまり、一生治らないということ・・・

 

ちょっと、かわいそうですね。

 

飼い殺しとは言いませんが、

心有る医療従事者の言葉とは思えません・・・

 

10年前、10年後には日本の医療も進歩して、

すばらしいものになっていることだろう・・・と、

期待した自分の想像虚しく、

 

なんだか、退化というか末期・・・

 

この先、どうなってしまうのでしょうか?

(今とそう変わらずに劣化するとは思うけどw)

 

 

サッカーの香川選手の移籍は、さらなる浅はかな未来からの解放・・・

と書かれていた。とても良い移籍だと思う。がんばってほしい。

 

さて、日本の医療はどうでしょう・・・

たぶん、さらなる浅はかな未来・・・という予感w(笑えないw)

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    アイヒマン (金曜日, 05 9月 2014 19:08)

    いいねぇ、最近特に切れ味を増してるんじゃない。
    そこでSOTの大家ディジョネット先生のお言葉

    奮闘して前進せよ
    この世に忍耐に勝るものなし
    才能はしからず
    有能な人物で不成功に終わるものは非常に多い
    天才もしからず
    報われていない天才というものはほとんどたとえ話の中にいるだけである
    学歴もしからず
    世の中は学歴のある落伍者で溢れている
    忍耐と決断力が全能なり

    M・B・DE JARNETTE
    共に励みましょう!

  • #2

    tomomi-arima (土曜日, 06 9月 2014 09:51)

    たしかに、これまでのキャリアはもちろん大切ですが、
    今までのキャリアを簡単にひっくり返す程の
    力が特に決断力にはあると、その通りのお言葉と思います。
    ありがとうございます。

    お互いがんばりましょう!