ブロック

トラウマには、突発的に起きた出来事からのショックや、

過去に経験した重大な物理的、心理的損傷が含まれ、

さらに経験の中には出産時、胎内時も含まれる。

 

これらのトラウマが、

カラダの回復力をブロックすることがあり、

その場合、痛み、不快、あるいは様々な症状、病気として

あらわれることがあると、フルフォード先生も説明している。

 

たとえば、ケガをした場合、

必ず、状況、シチュエーションの中に居るわけで、

自覚、無自覚、関係なく、その状況の影響を受けないわけがない。

 

どちらにしても潜在意識には記憶されて、

なにかの拍子にトラウマとして回復力をブロックするかもしれない。

 

人間は、骨や筋肉、内臓だけで生きているわけではなく、

それらと同等に重要であるエネルギー体、精神体と、

世間では、まだよく知られていない部分の活力によっても

生かされている事実がある。

 

ショックやトラウマを取り除くことは、

見逃してはならない重大な、

 

フルフォード先生に言わせると、

健康になるか病気になるかを二分する鍵とも

なりうる・・・ということ。

 

そして、多くの医師はじめ

医療従事者が、この重大な部分を見逃している。

 

ブロックを取り除き、治癒力の働きを助けることが、

 

本来の仕事と考える。